2022年10月07日

朱の集結20

a07-1557.jpg

国鉄時代よりも長く民営化後を過ごしてきたDE10-1557。後継機の登場で消える運命のディーゼル機関車。
タグ:DE10
【中部-稲沢の最新記事】

2022年10月06日

中継点22

a06--104b.jpg

九州から関東へ向かう貨物列車。長い幹線の途中、稲沢駅へ到着するEF210-104。
タグ:EF210

2022年10月05日

連絡鉄道8

a05.jpg

通勤電車に混じってやってくるスカイライナー。雑踏を横切る白い車体。
タグ:私鉄特急

2022年10月04日

連絡鉄道7

a04.jpg

下町を駆け抜ける高架橋。古さと新しさが入り混じった街の景色。
タグ:大手私鉄EC

2022年10月03日

連絡鉄道6

b03.jpg

大きく曲がって日暮里駅へ。開通時から国鉄と連絡していた日暮里駅は現在も変わらない主要な乗換駅。
タグ:大手私鉄EC

2022年10月02日

連絡鉄道5

b02.jpg

上野の山を抜けて。長い間使われてきた私鉄の地下区間。
タグ:私鉄特急

2022年10月01日

連絡鉄道4

b01a.jpg

暗闇に浮かび上がる廃墟。空港アクセスなど考えもしなかった時代、上野公園北部に造られた博物館動物園駅。4両編成しか止められず、輸送量の増加で忘れられていった駅。

b01b.jpg

営業時から利用者が少なかった駅ですが、設備はそのまま残されていました。
タグ:

2022年09月30日

連絡鉄道3

a30.jpg

戦時中に狭軌化して日暮里駅から国鉄車を入れたと言われている地下駅。会社名は京成電気軌道から京成電鉄へ、上野公園駅は京成上野駅へ。1960年の都営浅草線接続に合わせて軌間1372mmから標準軌1435mmへ全線改修、さらにスカイライナー運転に合わせて1976年に駅は大工事。

かつての軌間変更の名残なのか、路盤に不思議な溝が残されていました。
タグ:線路

2022年09月29日

連絡鉄道2

a29a.jpg

耐震補強と改修で綺麗になったものの、人も列車も来ない駅の端。

a29b.jpg

1912年に押上発着で開業した京成電気軌道は都心のターミナルを模索して、1933年に上野公園駅を開業。山手線の内側に入り込んだターミナル、さらに地下鉄が銀座線しかなかった戦前に地下駅は画期的でした。
タグ:

2022年09月28日

連絡鉄道1

a28.jpg

上野公園の地下から出発するスカイライナー。頓挫した国鉄の成田新幹線に代わり、空港アクセスとして脚光を浴びた私鉄の姿。
タグ:私鉄特急