2022年11月18日

古利根1

a18.jpg

1899年に開通した東武鉄道は北千住・久喜間のみの地方鉄道でしたが、1947年までに数多の会社を吸収し続けて巨大化。そんな東武鉄道の要衝として開業した伊勢崎線の杉戸駅は、観光開発で東武動物公園駅に変わって40年。高層建築などもなく、時代を経てもなお地方駅のような雰囲気が漂っています。
タグ:大手私鉄EC