2016年03月23日

青森操車場を眺める

ao18.JPG

青森信号場で待機する真新しいEH800。連絡線で見かけたEF510と交代し、青函トンネルへ向かうところです。初期のEH500に戻ったような印象ですが、車体から灰色がなくなってすっきりした感じもします。青函トンネルでは新幹線に合わせた標準軌の貨物輸送が検討されていましたが、結局は機関車の交代だけで対応する事になってしまいました。

青森操車場と呼ばれていた部分には、待機用に数本の線路があるだけで、用地のほとんどは公園と再開発のされていない空き地になっています。隣に青い森鉄道の車庫がありますが、少し前まで青森東運転区と呼ばれていて、さらに前は操車場の一角にあった青森機関区でした。北海道新幹線の開業後、貨物列車の機関車はここでEH800と交代するようです。
タグ:EH800
【東北-青森の最新記事】
この記事へのコメント
この機関車を使って団体ツアー用の「カシオペア」が走るのですね。「はまなす」も残してほしかったです〜
Posted by えふえふドラクエ at 2016年03月23日 23:51
頻度は少ないかもしれませんが、「カシオペア」は今まで見られなかった貨物機に引かれる姿を見られるかもしれませんね。
Posted by 武蔵宮 at 2016年03月24日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174552546

この記事へのトラックバック