2016年06月12日

峠に挑み未来を育んだ

ag35.JPG

勝田駅にある日立の工場、敷地内の線路上にED78-1が保存されています。ED78は1967年に試作されたED94を量産化したもので、より大型化したEF71とともに1968年から製造されました。標準化が徹底された直流機と対照的に、交流機は状況に合わせて1955年から12年間で次々と新形式が開発され、ED78は回生ブレーキ付きサイリスタ制御となった完成形です。ただ、交流電化は国鉄だけなのでサイリスタ制御自体は大きく発展しませんでした。一方で回生ブレーキの際に電動機から発生する直流を半導体制御で交流に変えて戻す技術、これは後に交流電動機と組み合わせたインバータ制御になり、あらゆる電車に応用されています。

ED78全機が日立製で福島機関区に所属し、奥羽本線福島・米沢間の長い勾配をED78同士かEF71と重連で走っていたほか、仙山線でも使われていました。1号機は利府駅で保管された後、他の交流機とともに隣接する新幹線運転所の敷地で公開されましたが深刻な老朽化により、去年から日立水戸工場が引き取って保存しています。

ag36.JPG

向こうに見える常磐線の勝田駅。水戸工場に引き込まれた線路の撤去が進み、わずかに残った線路は草に埋もれ、交差点と連動する信号機は傾いて止まったまま。この辺りの常磐線各駅には日立の工場があり、それぞれに専用線が分かれていましたが、今は全廃されています。
タグ:廃線 ED78
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175612272

この記事へのトラックバック