2016年08月04日

桜島の記憶

ku19.JPG

博物館で保存されているキハ07。ローカル線の低迷は今に始まった事でなく、昭和初期には単行運転出来るガソリンカーが各地で使われていました。戦前の国鉄車で代表的なのは、大宮の博物館に保存されているキハ41000(キハ04)、そして改良型のキハ42000(キハ07)です。

欧米に遅れた日本では出力100PS程度の機関しかないため、車体の細い小型車のみ。変速も手動の機械式で、連結する場合では各車に運転士が必要でした。最大の欠点はガソリンの揮発性で、引火しにくいディーゼル機関の開発は第二次世界大戦勃発で中止。1940年1月29日の朝、小さな車体に超満員のキハ42000・3両編成が西成線・安治川口駅のポイント誤動作で脱線・転覆してガソリンが大爆発し、180名以上の命が消えました。西成線はこれを機に電化工事を実施。今は桜島線と名を変えています。

幸か不幸か戦時中のキハ42000は燃料欠乏で出番が少なく、戦後には晴れてディーゼル機関へ換装し、番号もキハ07へ変更されました。混迷する時代を生き残った小さな車両は、博物館の中で静かに眠っています。
タグ:他DC
【九州-小倉の最新記事】
この記事へのコメント
今や大人気のUSJですが、70年以上も前に近所でそんな大事故があったとは知りませんでした。
Posted by えふえふドラクエ at 2016年08月04日 23:19
慌ただしい時代だったので、工業地帯では他にも様々な問題が起きていたのかもしれませんね。
Posted by 武蔵宮 at 2016年08月05日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176329537

この記事へのトラックバック