2017年01月15日

それは1955年

利府駅の北側にある公園で、試作交流機ED45-11を改番したED91-11が保存されています。戦後に地上設備の簡単な交流電化を進めるために開発された1両。

t15a-ED45-11b.JPG

最初に試作されたのは交流電動機を直接駆動するED44-1、水冷水銀整流器で直流化するED45-1。技術的な難しさから整流方式が採用され、続けて空冷水銀整流器を積んだED45-11・ED45-21が造られました。北海道から九州まで広がった交流電化の始祖が、この公園で保存されているんですね。

t15b.JPG

一緒に保存されているC58-354。ちなみにここ、公園になる前は東北本線で、1962年に廃止された利府駅から先の区間に位置しています。廃線跡を利用した車両保存では、先駆けではないでしょうか。
タグ:C58 ED91
【東北-仙台の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178410867

この記事へのトラックバック