2017年07月25日

グリーンティ−

b40a-C10-8b.JPG

茶畑を往くC10-8。良く言えば珍しい、悪く言えば重量的な欠陥から数少ない存在で、23両しか造られていません。改良型C11の陰で目立たない存在でしたが、今は修復されて自走するようになりました。

復活からちょうど20年。これからも川の街で走り続けて欲しいですね。
タグ:C10
【大井川鉄道の最新記事】
この記事へのコメント
トーマス号も走ってちょっとにぎやかな線になりましたね。一度は撮り鉄に行ってみたい場所です。
Posted by えふえふドラクエ at 2017年08月05日 13:20
少し街外れに行くと味のある景色が多いので、良い所ですね。東京からだと新幹線から乗り換えないと行けないので、少し時間がかかってしまうのが難点でしょうか。
Posted by 武蔵宮 at 2017年08月06日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180341207

この記事へのトラックバック