2017年12月16日

汽笛一声

aa26.JPG

「日本海」のマークを付けて動き出す保存編成。小坂鉄道の廃止から時を経て、当時には見られなかった保存事業が東北の鉱山街で続けられています。
タグ:24 DD13
【同和鉱業小坂鉄道の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181765688

この記事へのトラックバック