2017年12月23日

道央4

m1223-DD501-3820.JPG

根室本線の芦別駅から南へ。夕張国道を5km進むと三井芦別鉄道の廃線跡が見えてきます。ガーダー橋の上に載る形で保存されているDD501+セキ3820。

三井芦別鉄道は1972年の旅客営業廃止後も石炭輸送を続けていましたが、1989年に廃止されました。DD501はDD13と同性能ですが、吹雪対策で前照灯4灯の独自仕様。廃止3年前に造られたDD503のみは京葉臨海鉄道KD501として再利用されました。石炭車もセキ3000からセキ6000へ改造された車両が多く、ここでしか残っていないタイプだったりします。

秋、台風、冷たい雨。山道を自転車で強行突破しましたが、それだけの価値はあったなと思います。
タグ:DD13 セキ
【北海道の最新記事】
この記事へのコメント
被害をもたらすほどの台風の通過時だったのでしょうか。
鉄道もあちこちやられましたね・・・
Posted by えふえふドラクエ at 2018年01月21日 17:52
冬前のギリギリで予定を組んだところ、ちょうど台風とぶつかってしまいました…。秋の北海道はちょっと寒かったです。
Posted by 武蔵宮 at 2018年01月24日 08:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181871601

この記事へのトラックバック