2018年06月03日

寝台急行

s3-14-506.JPG

いつかの夜。人の少ない静かな札幌駅を寝台急行「はまなす」が出発。

東北では寝台特急を補完する長距離の寝台急行が主体でしたが、他では距離の短いものがほとんどでした。門司港・西鹿児島間「かいもん」や大阪・大社間「だいせん」のような地域列車、走行距離わずか200kmの上野・長野間「妙高」も存在。北海道は札幌発着のみで、函館・札幌間では青函連絡船接続の関係で夜行が想定されていませんでした。青函トンネル開通で夜行の連絡船に代わって新設されたのが青森発着の寝台急行「はまなす」で、北海道や他地域から14系急行が消えてもなお残り、そして最後の寝台急行として幕を閉じました。
タグ:はまなす 14
【北海道-札幌の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183412764

この記事へのトラックバック