2023年11月22日

山陽路16

a21-DE50-1b.jpg

ブログを始めた際に載せていたDE50-1を少し横から見た姿。DD13の6気筒標準機関DMF31SはDD51の12気筒DML61Zへ、そしてさらに大型化した16気筒DMP81Zが搭載されたDE50。1機関で2機関のDD51並みでしたが、輸送力が必要な幹線は電化され、1両試作されたのみ。

華々しく消えていく車両が多い中、国鉄の開発史で終盤を飾る機関車はひっそりと生き残っていました。
タグ:DE50
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月21日

山陽路15

a22-C11-80b.jpg

津山機関区から東北へ移動、廃車後に縁の地へと戻ってきたC11-80。津山駅の西にある南小学校で保存されていましたが、津山駅前整備の際に駅前に移動。今は玄関口のシンボルに変わっている事でしょう。
タグ:C11
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月20日

山陽路14

a20-キハ181-12a.jpg

標準機関DMH17H(180PS)2基搭載のキハ58のみで組まれた急行と比べて、冷房電源などの関係で1機関も混在した特急型キハ80系は勾配に弱く、特急「つばさ」では奥羽本線の勾配で電気機関車が補機についていました。新型標準機関DML30HSC(500PS)搭載のキハ181系が1968年に登場し、中央本線の特急「しなの」に続いて特急「つばさ」にも投入されましたが、高速化と勾配自力踏破が過負荷となって故障が続出して補機牽引が復活する事態に。

キハ181-12は電化進展で転属するまで過酷な東北路を駆け抜けていた、特急史を語る生き証人。
タグ:キハ181
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月19日

山陽路13

a19-キハ52-115a.jpg

津山機関区の扇形機関庫に収容された様々な保存車両。急行型キハ58-563、キハ28-2029、一般型キハ52-115。標準機関DMH17系で規格化されていた国鉄のディーゼルカー。
タグ:キハ52 キハ58
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月18日

山陽路12

a18-キハ40-2029a.jpg

単行運転出来るものの、デッキ付きで都市近郊の混雑対応が難しいキハ40。保存車両が収容された扇形機関庫の前に陣取ったキハ40-2029。
タグ:キハ40
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月17日

山陽路11

a17-キハ47-20a.jpg

西日本で広く使われてきたキハ47。延命工事で近代化されたディーゼルカーが発着する津山駅。
タグ:キハ40
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月16日

山陽路10

a16.jpg

赤い塗装もシンプルな番線表示も、国鉄時代とあまり変わらない雰囲気の県都。山口線の山口駅。
タグ:キハ40
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月15日

山陽路9

a15-オハフ13-701a.jpg

当初は青い普通の12系客車が使われてた蒸気機関車の保存運転は、専用の客車を使ったイベント列車に。旧型客車のような小窓に変わり、柵が少し高すぎるデッキに改造されていた展望車オハフ13-701。
タグ:12
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月14日

山陽路8

a14.jpg

雑多な時代は終わったものの、国鉄車が姿を留めていた新山口駅。かつて小郡機関区と呼ばれた場所で。
タグ:DE10 キハ40
at 08:00 | コメント(0) | 山陽

2023年11月13日

西の海辺で5

a13-クハ116-102a.jpg

153系急行型の転用車と交代で投入された新快速用117系。民営化直前に造られた100番台は2段ユニット窓をやめてスマートになっていましたが、都市圏の世代交代に押し出されて本州最西端の下関運転所へ来ていました。
タグ:117
at 08:00 | コメント(0) | 山陽