2020年02月24日

港の風

a24.jpg

静かな突堤の倉庫街。綺麗に舗装されていますが、かつて線路が敷かれて、有蓋車が出入りしていました。

兵庫駅から和田岬駅へ向かう線路と平行していた貨物線は旋回橋の手前にあった新川駅で北へ分かれて、神戸市場駅と兵庫港駅へ。この他、神戸・尼崎の湾岸まで港の突堤を貨物線が網羅していましたが、民営化前に神戸港駅以外が全廃され、その後の震災で再開発が加速。他の地域よりも廃線跡が圧倒的に少なく、歩いて見ても分からない場所がほとんど。

海運のコンテナ化で静かになった港の倉庫は、何も語らずに佇んでいました。
タグ:廃線
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2020年02月23日

鳥の声

aa23.jpg

山陽本線の支線にある鉄橋。

昇開橋に比べて地味な旋回橋で、転車台と全く同じ原理で回りました。船の大型化で通行量が減少し、いつしか固定されたままに。既に物言わぬ鉄橋ですが、骨董品は100年以上も埋立地をつないできました。
タグ: 103
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2020年02月22日

石の色

aa22.jpg

山陽本線の和田岬駅へやってきた103系。

工場と小さな操車場があった鷹取駅の手前、兵庫駅から2.7km。高架化後も地上にあった貨物施設の端から入換用のDD13が旧型客車を引いて和田岬駅まで往復していました。当時とは大きく変わり、和田岬駅の駅舎は取り壊されて無人になり、中央から右に分かれて造船所へ向かう専用線は消え、他と同じく電車が通るように。

国鉄民営化と震災を経ても残った数少ない港湾線ですが、名残は古びたホームの縁石だけかもしれません。
タグ:103
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2018年02月26日

うららか

o59.JPG

和田岬駅に止まる103系。昼間に走らないので、朝のうちに辿り着かないと見られない光景です。

大阪湾岸には大阪側だけでなく、神戸側にも貨物線がありました。特に東灘駅から分岐した先の神戸港駅は圧巻で、単線の貨物線から湊川駅と灘浜駅、さらに多数の突堤へ櫛形に支線が展開。兵庫駅から分かれた和田岬線も、平行して神戸市場駅と兵庫港駅への貨物線があったほか、和田岬駅でも造船所へ線路が伸びていました。これらの貨物線は廃止後の震災で再開発されており、痕跡がほとんど残っていません。

和田岬駅でも左側に機回し線だった空き地が残るくらいで、街は大きく変わり続けています。
タグ:103
at 17:00 | コメント(2) | 関西

2018年01月07日

パイオニア

n05a-1c.JPG

仙山線での試験結果から、電化予定の北陸本線敦賀以南が1957年に交流電化されました。最初の量産機ED70はデッキ・先輪のない箱型車体で後の電気機関車に影響を与えましたが、水冷水銀整流器など課題も多く、他より早い1975年に全廃。敦賀第二機関区で保存されていた1号機のみ、長浜駅隣で保存が続けられています。

ゆかりの地で保存されているものの、北陸本線直流化で赤い国鉄機の名残は周辺から消えてしまいました。
タグ:ED70
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2018年01月06日

雪の歴史

n03-550-555b.JPG

米原市役所で保存されている除雪車キ555。琵琶湖から冷たい西風の集中する関ケ原は東海道本線で数少ない豪雪地帯。複線用キ550は単線用キ100と似た構造で、正面以外はそっくり。地方線整備に合わせてキ100からキ550へ改造されたものもありました。

n04-550-555a.JPG

漠然と蒸気機関車を保存するより、除雪車の保存は地理的にも有意義ですね。
タグ:
at 08:00 | コメント(2) | 関西

2018年01月05日

米原操車場

n02.JPG

関ケ原を控えた山裾の街。操車場の跡地には待機線が再整備されています。国鉄末期に開通した湖西線が主流となり、地位が低下して久しいです。貨物ターミナル計画もある静かな拠点に、変化は訪れるのでしょうか。
タグ:EF65
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2018年01月04日

北国の出発点

n01-EF510-506b.JPG

米原駅で待機するEF510-506。関西から北へ向かう貨物列車は後から開通した湖西線経由になっていますが、少数ながら伝統的な北陸本線経由も存在。既に北国へ旅立つ拠点だった機関区はありませんが、EF510が1両だけ、ここが出発点であった事を物語っています。
タグ:EF510
at 08:00 | コメント(0) | 関西

2016年04月13日

運ぼうとしていたのは希望

EF200は1990年にEF500とともに試作された新系列の電気機関車。電気抵抗を機械的に切り替える国鉄時代の抵抗制御から脱却、インバータによる連続制御で高い粘着力を持ち、1000kW誘導電動機6基で高加速度・高回転を実現。現在も1000t程度に設定されている貨物列車ですが、1600t以上の長編成を起動可能で、通勤電車のダイヤに混じって120km/h運転可能な大出力となっています。

機関車で初めてシングルアームパンタグラフを採用し、従来の制約から飛びぬけた19mの長い車体を持ち、台車に至るまで徹底的に新系列でまとめられていました。登場時、車体側面と屋根のケースは透明感のある白一色で、新時代を予感させるような眩しさ。1台車でEF65並みの性能を発揮し、高速化・重量化で東海道本線の貨物列車を変える期待を背負っていました。

w07.JPG

そんなこんなで吹田機関区で出発準備中のEF200-901。記憶にありませんが、D51-498を撮ったスナップの片隅に側面が写っていたので、EF200-901を初めて見たのは、大宮工場のイベントで展示されていた時だったようです。しかし、年月を経て吹田で見た時のEF200は、どこか煤けているような、くたびれた印象。登場から20年、汚れ対策なのか車体は白ではなく、地味な灰色に変わっていました。
タグ:EF200
at 17:00 | コメント(2) | 関西