2020年05月14日

青の時代29

a14-スハフ14-557a.jpg

寝台急行「はまなす」3号車のスハフ14-557。いずれ大井川鉄道へ移転する、青い座席車。
タグ:はまなす 14

2020年05月13日

青の時代28

a13-オハ14-512a.jpg

寝台急行「はまなす」4号車のオハ14-512。特徴的な窓に改造された、のびのびカーペット。寝台車とも座席車とも違う、夜行の姿でした。
タグ:はまなす 14

2020年05月12日

青の時代27

a12-オハ14-510a.jpg

寝台急行「はまなす」5号車のオハ14-510。側板の老朽化は深刻でしたが、北海道新幹線開通まで何とか維持されていました。
タグ:はまなす 14

2020年05月11日

青の時代26

a11-オハ14-507a.jpg

寝台急行「はまなす」6号車のオハ14-507。指定席のオハ14は座席を交換したドリームカー。自由席のスハフ14は未交換で、指定席と差別化されていました。
タグ:はまなす 14

2020年05月10日

青の時代25

a10-スハフ14-501a.jpg

寝台急行「はまなす」7号車のスハフ14-501。国鉄再建の始まった1980年に北海道へ渡った14系耐寒改造車。東武鉄道へ移転する事など知らず、夜を走っていた日々。
タグ:はまなす 14

2020年05月09日

栄華

a09-DE10-1764a.jpg

22時43分、6番線に大阪行「トワイライトエクスプレス」が止まっていた刹那、3番線へ札幌行寝台急行「はまなす」が入線。客車の後ろにED79をぶら下げたまま、青森運転所からDE10-1764に先導されていました。

かつて青森駅で続いていた、華やかなひととき。
タグ:DE10 はまなす

2020年05月08日

5本の側線

a08-485-クロハ481-3021a.jpg

青函トンネル開通で青森駅東側からの航送が廃止された後も、西側に残っていた側線。

民営化後しばらくは函館行寝台特急「日本海」から分離された増結車の留置なども見られましたが、新幹線開通で電車の待避も少なくなり、使い道のなくなった側線の縮小が行われているようです。
タグ:特急 485

2020年05月07日

並んだ日

a07.jpg

かつて上野発着・大阪発着の特急が並んでいた青森駅。新幹線開通で特急も少なくなり、秋田方面の連絡特急だけが姿を見せています。

2016年07月07日

消えた運転所

ao71.JPG

青森運転所、客車に囲まれて止まっている津軽線のキハ40。国鉄時代の青森運転所は東北本線・奥羽本線電化後に両方向から集まる特急電車・寝台客車を多数受け持っており、かなり大規模な車両基地でした。最盛期に1000両以上あった485系特急電車の2割以上が青森所属でしたが、既に姿はありません。最後まで残っていた寝台客車も廃車が進んでいます。
タグ:キハ40

2016年06月26日

帯色は秋田新幹線と同じ

ao41.JPG

青森駅を出て、奥羽本線を走る701系。701系は東北各地で走っていますが、0番台は奥羽本線・羽越本線に1993年から投入されたものです。通勤電車のようにシンプルな車体を持つ3ドアで、50系客車の普通列車と交代しました。地域ごとに利用範囲が分かれており、東北本線側で使われる事はなく、秋田方面で運転されています。当初は電動車の屋根上に発電ブレーキの大きな電気抵抗を載せていましたが、いつの間にか外してしまったようです。
タグ:東日本EC