2018年11月07日

1107

a07-1107.jpg

ゆるやかな変化の中を歩んできたEF65-1107。着実に時は流れて、少しずつ数が減っていきます。
タグ:EF65

2018年11月04日

1104

a04-1104.jpg

夕暮れ時に疾走するEF65-1104。枯草の中でも目立つ、鮮やかな青。
タグ:夕方 EF65

2018年06月13日

みなも

13.jpg

田植えの直前に見られる水面。春だけの海。
タグ:EH500

2018年05月29日

ヴァーミリオンの記憶

a01-53408a.JPG

ついこの間まで普通に見られたコキ50000。

製造数3276両ながら番号がコキ53408なのは、編入車が存在するためでした。民営化後に引き継がれなかったコキ10000を補うため、緩急車コキフ50000をコキ50000へ編入。コキ53408も右のデッキ側にコンテナ1個分の車掌室ユニットが載っていたわけですね。
タグ:コキ

2018年03月01日

北からの来訪者

w03-65h.JPG

北国から南下してきたEH500-65。晴れの多い関東平野でも、この日は雪で霞んでいました。
タグ: EH500

2018年02月28日

修学旅行

w02.JPG

雪の日にもやってきた、日光行の臨時列車。急行型から183系、さらに185系へと変わってきました。
タグ: 185

2018年02月27日

新雪

w01-2068c.JPG

雪の舞う日、EF65-2068がやってきました。見慣れた場所でも、天気次第で目新しい景色になりますね。
タグ: EF65

2016年12月26日

北国から・青

t26-513.JPG

冬。東北本線を南下してくる寝台特急と貨物列車は雪をかぶっており、特に「北斗星」では機関車を交替しないまま直通していたため、冬晴れの関東地方でも雪の付着した機関車を見る事が出来ました。
タグ: 北斗星 EF510

2016年12月25日

北国から・赤

t25.JPG

雪の日。サンタさんの如く、北国からやってきた赤いEH500。雪は独特の風景を見せてくれますが、やはり不慣れな関東の人間には寒さが身に染みます。晴れの多い関東でも、今季は雪景色を見られるでしょうか。
タグ: EH500

2016年12月19日

冬は赤く染まる

ほとんど同じ電車ばかりになってしまった昨今ですが、それでも季節によって違う景色を見せてくれます。

t19.JPG

夏場の鮮やかな緑は少し強すぎる背景になってしまいますが、冬場では葉の落ちた木々と柔らかい夕日がステンレス地の存在感を際立たせてくれます。