2023年08月13日

千曲26

b13-1978-6.jpg

跨線橋を中央で支えていた強固な橋脚は1978年製。優等列車の消滅、地方私鉄の廃止、跨線橋の短縮。全てを見てきた屋代駅の柱。
タグ:

2023年08月08日

千曲21

b08a.jpg

木造の屋根に覆われた屋代駅。歴史ある駅に止まるステンレス車。

b08b.jpg

文化的な要衝の屋代駅。周辺には古墳時代から中世に至るまで、様々な遺構が眠っています。
タグ:

2023年08月07日

千曲20

b07.jpg

存在感を増す新型車。高原の青い息吹。
タグ:私鉄EC

2023年08月06日

千曲19

b06.jpg

背景が街でも山でも目立つ湘南色。まだしばらく続く国鉄車の日々。
タグ:115

2023年08月05日

千曲18

b05.jpg

戸倉駅から少し離れている引込線。駅の裏で踏切が鳴る、少し変わった場所。
タグ:115

2023年08月04日

千曲17

b04-1012.jpg

単線をゆっくりと走る115系。松本運転所から来た生粋の山育ち。
タグ:115

2023年08月03日

千曲16

b03.jpg

戸倉駅横の採石場下にあった引込線は車庫として整備され、様々な装いの115系が止められています。
タグ:115

2023年08月02日

千曲15

b02.jpg

崖下に収容された湘南色。動力車の窓横に吸気用の雪切室が付いた耐寒型115系1000番台は長らく信越本線の代表格でした。
タグ:115

2023年08月01日

千曲14

b01.jpg

盆地の東端にある戸倉駅。西には篠ノ井線が通る斜面、さらに向こうは冠雪した北アルプス。風光明媚な山間の街。
タグ:115

2023年07月31日

千曲13

a31.jpg

1889年の刻印が残る古レール。明治中期に開通した古き鉄道の証。
タグ:古レール