2019年07月07日

日陰

a07-2061a.jpg

止まったままのEF65-2061。連結器などの錆が時の長さを感じさせます。
タグ:EF65

2019年07月06日

a06.jpg

1両また1両と動かなくなる機関車の姿が。
タグ:DE10

2019年07月05日

赤番

a05.jpg

遠く北海道から来たDE10もあれば、逆もまた。新鶴見機関区には、門司機関区から来たDE10-1556の姿が。
タグ:DE10

2019年07月04日

拠点

a04-2050f.jpg

国鉄時代から新鶴見機関区を拠点にしてきたEF65-1000番台。時代が移ろってもなお、走り続ける1両。
タグ:EF65

2019年07月03日

到着

a03-151a.jpg

新鶴見信号場へ到着したEF210-151。武蔵野線開通で輸送網が大きく変わったのも、もう昔の事。
タグ:EF210

2019年07月02日

駅の記憶

a02.jpg

住宅地にぽっかりと空いた空間。戦時中に廃止された武蔵中丸子駅の跡。

私鉄だった南武線と国鉄の貨物線だった品鶴線は川崎市内で300mほど距離を空けて約5km平行。かつて周辺には工場が多く、南武線の矢向駅からは川崎河岸駅へ貨物線が分かれていた他、向河原駅からは平行する新鶴見操車場へ連絡線がありました。

住宅地へと変わった南武線沿線には、所々に変遷の痕跡が残されています。
タグ:東日本EC

2019年07月01日

ふれあい

a01-134d.jpg

公園の横で加速するEF210-134。新鶴見操車場が廃止された後、南側に比べて北側では再開発用地が限られており、道路との隙間に公園が整備されました。

専用線はなくなったものの、周辺に工場も残っており、北側は思ったほど変化していない印象です。
タグ:EF210

2019年02月09日

ところ変われば3

a09-2003w.jpg

新鶴見機関区に並ぶDE11-2004とDE11-2003。どちらも同じ防音構造の入換機ですが、しばらく動いていなかったDE11-2003は錆び色に染まっていました。
タグ:DE11

2017年06月15日

変わる空の下

a05-2121.JPG

新鶴見操車場の再開発に拍車がかかり、クレーンの目立つ新川崎の街。EF65-2121は街の完成を見る事なく、新鶴見機関区を去りました。
タグ:EF65

2017年06月14日

もう帰らない

a04-1663a.JPG

新鶴見機関区を去りゆくDE10-1663。首都圏ではHD300への置換が進んでおり、ここ数年で多くのDE10が姿を消しています。
タグ:DE10