2018年02月07日

客操4

o24-10b.JPG

大阪行で最後尾のカニ24-10。青地にステンレス帯だった電源車も塗装変更されましたが、なぜか愛称表示の周りだけ登場時から変わらない白枠になっていました。

2018年02月06日

客操3

o23.JPG

札幌行から42分後、新大阪駅へ寝台特急「トワイライトエクスプレス」大阪行が到着。

「トワイライトエクスプレス」は3編成あったので、繁忙期には毎日運転が可能でした。昼に出発する札幌行では、前日・同日2本の大阪行とすれ違っていた…というのも、もう過去の話ですね。

2018年02月05日

客操2

o22-503a.JPG

最後尾にはスロネフ25-503。昼の新大阪駅、客車列車は静かに止まり、静かに去って行きました。

2018年02月04日

客操1

o21.JPG

昼前に大阪駅を出発した寝台特急「トワイライトエクスプレス」札幌行は、すぐに次の新大阪駅へ到着。東京から朝の新幹線で辿り着いて、最初にしたのは「トワイライトエクスプレス」を待つ事でした。

2018年02月03日

のどかな日

22.JPG

珍しい併用橋だった淀川橋梁。複線化工事が進んだ今、道路と高い壁で仕切られて線路も敷設済み。この場所に立つ事はもう出来なくなりました。
タグ:

2018年02月02日

旅客線化

21.JPG

吹田操車場から片町線鴫野駅へ、さらに放出駅から関西本線竜華操車場へ向かう貨物線。かつて大阪環状線淀川電車区の隣にあった淀川駅も、この貨物線の途中から連絡していました。

湾岸や阪和線の貨物列車が廃止され、百済駅への連絡のみで本数が減っていましたが、近年になって旅客線化が浮上。元から確保されていた複線用地を整備し、工事が進んでいるようです。新大阪駅付近では吹田操車場側につながっていましたが、新大阪駅へ分岐する高架線が建設されており、奥に新設されたトラス橋の姿も見えます。

真新しい電柱と古い電柱が並ぶ築堤。線路が大きく変わろうとしていました。
タグ:線路

2018年02月01日

摂津

19-120B.JPG

大阪貨物ターミナル駅隣で保存されているEF15-120。EF65に追われて関西へとやってきた竜華機関区所属機で、阪和線・紀勢本線を走っていました。EF15が廃車になった国鉄末期には竜華操車場も機関区も消え、近畿南部に貨物列車も通らなくなり、ついに阪和線への連絡線も廃止。

変わりゆく街の中、残ったのはたった1両の機関車。
タグ:EF15

2018年01月31日

計画

18a.JPG

安威川沿いに造られた新幹線大阪第一運転所。新大阪側から入る形ですが、当初は貨物輸送も計画されていたため、東京側にも分岐が準備されていました。

18b.JPG

隣接する大阪貨物ターミナル駅。元は新幹線の貨物輸送を中継する計画でしたが、貨物輸送が実現しないまま、1982年にようやく開業。吹田操車場の北側から分岐した連絡線でつながっています。後から整備された吹田貨物ターミナル駅に近く、もしかしたら存続が危ういかもしれません。
タグ:線路 新幹線

2018年01月30日

都会でも

17-DD51-1191a.JPG

レール輸送のDD51-1191。関西では電化区間でもDD51が使われる機会が多いようです。
タグ:DD51

2018年01月29日

西側

16-128d.JPG

吹田貨物ターミナル駅を出るEF210-128。梅田駅に代わり、本線上の拠点として多くの貨物列車が出入りしています。
タグ:EF210