2022年04月03日

常闇の鉄条31

b03.jpg

線路は地下へ、車両は新車へ。これからも変わり続ける渋谷駅。

2022年03月30日

常闇の鉄条27

a30.jpg

線路の上に広がる吹き抜け。機能性を優先させがちな地下鉄では珍しい意匠。
タグ:地下

2022年03月29日

常闇の鉄条26

a29.jpg

東横線の渋谷駅横にある未使用の空間。駅施設というわけではなく、隣接するヒカリエの下。何かに使えそうな、何にも使われていない暗闇。
タグ:地下

2022年03月28日

常闇の鉄条25

a28.jpg

渋谷駅にもある引込線。大きな駅の端で静寂に包まれる、ほこりをかぶった線路。
タグ:地下

2022年03月27日

常闇の鉄条24

a27.jpg

地上から地下へ、劇的な変化を遂げた東急東横線。まだ新しいトンネルは横浜方面への玄関口。
タグ:地下

2018年03月16日

多摩川園9

a20-7119.JPG

多摩川を渡る営団7000系。有楽町線の黄帯から副都心線の茶帯になり、8両化と先頭車のパンタグラフ撤去で雰囲気が変わりました。

7000系は千代田線の6000系とほとんど同じですが、性能強化で別形式。先頭車の貫通扉上にある小窓は乗り入れ時の種別表示用でしたが、使われないまま。国鉄同様の2段ユニット窓だった初期型は、冷房化で1枚窓に改造。5両編成を10両化した際に仕様変更した中間車を増結したため、右の車両と窓の大きさが違っています。
タグ:大手私鉄EC

2018年03月15日

多摩川園8

a19.JPG

営団車と都営車が私鉄の橋で並走する光景。時代の変化を感じる瞬間です。

2018年03月14日

多摩川園7

a18.JPG

はるばる東急東横線に乗り入れて来た埼玉高速鉄道。多摩川駅の同時発車もあり、別会社の電車同士が並走する機会も頻繁に見られます。
タグ:私鉄EC

2018年03月13日

多摩川園6

a17-6014.JPG

東急東横線を走る西武6000系。

東横線には中目黒駅から地下鉄日比谷線のみ乗り入れていましたが、現在は乗り入れが廃止されています。一方で渋谷駅で地下鉄副都心線、横浜駅で横浜高速鉄道が乗り入れるようになり、田園調布駅で合流する目黒線にも地下鉄南北線・都営三田線が接続。さらにそれらへ東武東上線・西武池袋線・埼玉高速鉄道が乗り入れており、東横線は日本で最も多数の相互乗り入れ路線となりました。
タグ:大手私鉄EC

2018年03月12日

多摩川園5

a16.JPG

複々線化と地下鉄副都心線乗り入れで大きく変わった東急東横線。地下鉄車両の中では古参となった営団7000系も、頻繁に多摩川を渡るようになりました。